授業でできる
英語ディベートを
知っていただくために

詳しくはこちら

英語での発信力

English speaking skills

論理的思考力

Logical thinking skills

幅広い知識

Wide knowledge

プレゼンテーション力

Presentation skills

コミュニケーション力

Communication skills

 

 

事業紹介

page1_pic1

本ウェブサイトでは、高等学校における即興型英語ディベートの実践活動についてご紹介します。

詳細を見る

英語ディベート

page1_pic2

  • 英語での発信力
  • 論理的思考力
  • 幅広い知識
  • プレゼンテーション力
  • コミュニケーション力
詳細を見る

活動報告

page1_pic4

詳細を見る

研究者

page1_pic3

文部科学省 公募情報

平成25年度「高等学校等の新たな教育改革に向けた調査研究」における「多様な学習成果の評価手法に関する調査研究」事業の実施について
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1334452.htm

大阪府立大学

http://www.osakafu-u.ac.jp/

一般社団法人 日本英語交流連盟

http://www.esuj.gr.jp/

詳細を見る

PDA全国高校
即興型英語ディベート合宿・大会2016

pda_gassyuku2016
詳細は、PDAウェブサイト

PDA High School Parliamentary Debate
World Congress 2016(終了しました)

[ウェブサイト] http://www.pdawc.com/

昨今、グローバル化の加速により、多様な文化や考え方を理解し、
グローバル社会で貢献できる人財の育成が求められています。

本大会では、パーラメンタリーディベートを通して、英語での発信力、論理的思考力、
幅広い知識・考え方、コミュニケーション力など複数の力を発揮し、他国の人と同じ土俵で議論し、
成長する機会を提供します。

キーノートスピーチなど最新の講演も織り交ぜ、グローバルに活躍できる人財育成とすることを
目的とします。ディベートスキルの最高峰を決めることが主目的ではなく、
ディベートという手法を通して効果的な国際交流を図るプログラムであります。

大会名に、CompetitionやTournamentを使用せず、Congressとしたことにはそのような想いがあります。
また、スケジュールも国際会議、国際学会に似たものとし、高校生にとって、将来的に
このような世界の舞台に参加するイメージや各々の目標を持ってもらえれば幸甚です。

よって、通常の授業でできる即興型英語ディベートのフォーマットを用います。
そうすることにより、ESSなどのクラブの生徒に加え、一般の生徒も参加しやすい形態となっています。

また、World Congressについては、12月の全国大会上位チームに加え、
即興型英語ディベートの授業実践校(書面応募)から何チームか参加できるよう予定しています。

活動のご紹介(動画)

(1)PDA全国高校 即興型英語ディベート合宿・大会2015
   (2015年8月10日-11日 大阪コロナホテル)

(2)第1回 PDA高校生即興型英語ディベート全国大会
   (2015年12月26日-27日 大阪府立大学 I-siteなんば)

(3)PDA High School Parliamentary Debate World Congress 2016
   (2016年1月22日-24日 ホテル・ヘリテイジ[埼玉県])